So-net無料ブログ作成
検索選択

<御柱祭>氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕(毎日新聞)

 平安時代から1200年以上の歴史があり6年に1度開かれる諏訪大社の御柱祭が2日、長野県の諏訪地方で開幕した。

 奥山から切り出したモミの大木16本を、人手で里まで曳(ひ)き、上社と下社の四つあるお宮の四隅に建てる伝統行事。2日は上社の「山出し祭」が始まり、御柱8本が八ケ岳山ろくを出発。あいにくの雨と霧となったが、木遣(きや)りの声に合わせ、御柱を曳く氏子たち約1万人の「よいさっ、よいさっ」のかけ声が響き、一帯は熱気に包まれた。

 上社山出し祭は3、4の両日に茅野市内で、山から木を運ぶ手順の「木落とし」と「川越し」がある。下社の山出し祭は下諏訪町で9〜11日。氏子が大木に乗って急坂を滑り降りる「木落とし」は祭りの見せ場で、負傷者が出ることもしばしばだ。山から下ろした後の上社里曳(さとび)き祭は5月2〜4日、下社里曳き祭は同8〜10日にある。【武田博仁】

【関連ニュース
<関連写真特集>日本の祭り
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/上 起源 /長野
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/中 熱狂 /長野
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/下 効果 /長野
御柱祭2010:上社の用材8本、山出しの出発点に到着 /長野

ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
CO2削減義務づけ、東京都が1300事業所に(読売新聞)
<学術会議>国に提言 若手研究者の待遇向上などに対策求め(毎日新聞)
民主党ITS議連会長に高木義明氏(レスポンス)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。